ヘッダー

自己破産 税金

クレジットカードで借入する方法


長期分割を税務署に交渉して保険を掛ける

自己破産をしても、所得税や固定資産税や住民税という租税は無くならないので、完済していかなければなりません。 管轄の税務署に出向いて、その後の返済方法と月々の金額を相談してみましょう。 催告に対して無視していると税金に対する延滞料金が年4%以上掛かってくるのですから、どう考えても、きちんと向かい合った方が得策です。

自己破産をするとその後の税金の支払いはどうなる?

税務署の人も支払う意思のある人には可能な限り寛容なのです。 なるべく長期の返済計画をお願いしてみましょう。 極端な話で、仮に幼い子供がいるようでしたら50年とかでも債務が次世代に相続されるので可能になってきます。 常に実際にも変わらない生涯の親の内面の心情としては自己破産した結果の税金を子供の代までに任せるのは、どうしても避けたく嫌なことなのです。 こうして生命保険に加入して死亡時に相殺して綺麗にチャラになるように設定するのが、ここでは一番の対策です。

自己破産後でもクレジットカードで借りれる

不動産所有による自己破産を検討している場合

住宅ローンの返済に行き詰まり将来を心配して考えている方は別の対策として選択肢もあるので考慮してください。 戸建て等の固定資産の税金は1円も免責されないし、自己破産の手続きに初期費用も掛かるので、これでは結局は楽にならないこともあり得ます。 最近利用されているのは、住み続けれる任意売却という制度でこれだと融通がかなり効きます。

税金を払わずに勝手に放置しておくとどうなる?

結果として都道府県の官公庁のオークションの競売に掛かるよりは、これは結果的には債務の支払いも軽減できています。 その後がメンタルの面でも精神的にも比較的楽になります。

税金だけでなく社会保険料も自己破産では免責されません

社会保険とは、健康保険や老齢年金や労働基準局の雇用保険があります。 もし苦しくなって滞納していて手続きをした場合でも、義務は無くなることはなく、これも継続して払い続けなければなりません。

もう一度、将来の税金について1から見直しましょう

ただし、年金に関しては融通が効くので年間の所得等に合わせて減免というこの25%~100%の対策があります。 自己破産しても帳消しにならないものは、このように税金、社会保険料、以外にもギャンブルなどで浪費した債務も挙げられますのでご注意ください。


このページの先頭へ