ヘッダー

自己破産 悪い口コミ

クレジットカードで借入する方法


悪徳な弁護士や司法書士に騙された悪い口コミ

ある男性が借金が総額で300万円ありました。債務整理が可能かどうかを相談したところ、資産が200万円あったので無理だという回答を頂いたようです。 その男性に近づいた悪徳な司法書士が申請手数料を200万円支払えば、300万円の負債だけがここに残るので借金がチャラになると泥臭い話を持ちかけたようです。 ここでは相談者としては経緯は何であろうと身軽になれば良いので承諾をしてしまいます。

失敗したり悪い業者に騙されないためには

これが、結果として自己破産しました。 それから後日、その司法書士は多重債務者に対しての悪徳行為が発覚して、2年間の資格停止処分を法務局から通達されたという内容の実際の口コミです。 随時細部までチェックをしなければいけないのは法律を扱う人間が皆がこうして確実に善人ではないことを認識しておかないと大きな失敗になります。

法テラスは無料相談できるからという失敗

法テラスという法務省の管轄で多ジャンルの相談を無料で受ける公的機関の窓口がインターネット上で存在します。 債務過剰で苦しんでいる方の解決施策にも具体的にアドバイスをしてくれますが、勘違いすると失敗するので注意が必要です。 相談があると法テラスでは適切な弁護士を無料で紹介してくれるだけです。

最後に失敗しやすい自己破産のパターンとは

このように自己破産の為の高額な弁護士費用が支払わないで済み無料になるわけではありません。 これはもしかすると言い過ぎかもしれませんが、弁護士斡旋という悪い口コミもWEBやネットでは実際には存在します。

ネットバンクに競馬のJRAの記録が残っていて自己破産が出来ない

ipatと呼ばれる便利なオンライン端末で、最初に登録することでネットで中央競馬の馬券を購入できるシステムがあります。 入金方法としてネット銀行から「JRA」の名義で翌営業日に引き落とされます。

悪い業者に騙されて失敗したパターン

これがネックになって自由に自己破産ができなく悩んでいるという失敗例の口コミがあるようです。 何故なら、企業との民事裁判ではパチンコや競馬のギャンブルによる負債は免責ができないので自己破産が出来ないことになってしまう傾向があるからです。 競馬やパチンコなどなら調べようがないのですが、これが通帳に記載されていると大きな問題になります。

自己破産後でもクレジットカードで借りれる


このページの先頭へ