ヘッダー

自己破産 社長

クレジットカードで借入する方法


会社の倒産による原因の場合

自己破産するのが多いのがなんと社長なのです。 驚くかも知れませんがそういうリスクの高い職業なのですが、それでも、これから先そこを志す人はやはり意志の強い人が多いのです。 お金をたくさん持っていて困っていない上品なイメージです。 しかし、ここでミスして経営に失敗してしまって多額な借金を結果的に背負ってしまう方もいるのです。

意外に多い?自己破産経験がある社長

この流れの関連性として一概には言えませんが、事業計画を練って提出して銀行などで融資を受けて会社を経営している社長もいます。 法人の倒産と共に自己破産をしなくてはならない状態に陥る方が圧倒的に多いのです。 あっと驚く事に、そこからまた再起し新たに数年後事業を初めてです。 このように世間が認めるような大成功を収めている方も、有名ですのでご存じのとおり日本にも数多くいることです。

有名な社長でも自己破産している

自己破産をすると代表取締役の社長にはなれない事がリスクとして挙げられましたが、2006年の法律の会社法改正により可能になりました。 しかし、余所から満額の融資を受けることができなかったりクレジットカードの新規発行ができなかったりするので、困る内容の関連性もたくさんあります。 自分で事業を経営しようとし、順調に成功している人は実際は多少のリスクや失敗などをものともしない人が多いです。

社長として自己破産をした後でも盛り返している過去の偉人

万が一そうなったとしてもそこから多くの経験を更に学び、さらに、また新たに立ち上がり次の事業に上手く転換して成功している方がたくさんいます。 案外、一度奈落の底を経験をしている方が、その後は経験を生かせれば強いのかもしれません。 またそれぐらいでないと大金は動かす事ができないのかもしれません。 このような結果から見ると、やはりそのようなリスクを一切恐れず顧みない大物が今の世間には多い気がします。

何度も諦めないで起業してやり直す社長が多い

平成17年に商法が改正される前は、自己破産をした落ちぶれた人は大企業のトップの社長になれないような内容の厳しい法律でした。 自信をもって起業する際に奥様の名義を借りたりして、実態は陰に隠れて夫が運営するケースも多く見受けられました。

自己破産をした社長と言う悪いイメージを払しょくするために

しかし、2017年の現在では代表取締役社長に就任するのに規制は一切なく、破産手続き中でも可能になってます。 一般的な政府の統計では、会社が存続する確率としてはスタートして3年で30%が倒産という関連性があると言われています。 最終的には自己破産することで周囲に借入金を免除してもらい迷惑を金銭的に何度も掛けることができる現行の法律は個人的には問題があるようにも思えます。

自己破産後でもクレジットカードで借りれる


このページの先頭へ