ヘッダー

自己破産 連帯保証人

クレジットカードで借入する方法


連帯保証人が自己破産した場合の債務者はどうなるか?

債務者が何らかの理由で借金の返済が出来なくなった際、身代わりに残りのお金を返済する義務を負うのが連帯保証人です。 実際に借りている方が不慮の事故で自動的に負債を背負ったというケースは良くあります。 しかし、これが逆に「あなたの借金の連帯保証人が自己破産をした」、というようなケースに仮に遭遇したとします。 その際、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

連帯保証人が自己破産してしまった場合の対応方法

これは借金の契約書の内容に、債務者と連帯保証人の双方の関係については特に表だって触れられていないことが多いようです。 そもそも自己破産とは、親族や勤務先はもちろん、友達、親戚等に知られずに内密に行うものであります。 実は金融事故を過去に起こしている事実を知らない借り手も多いはずです。

法律上は連帯保証人の自己破産はどうなるのか?

債権者から代理を要求される情報が入らない限り、こちらから電話をしなくても特に問題はありません。 仮に法的整理を受けていても、負債者に返済請求が行くことは滅多にあり得ないことです。 連帯保証人となった不遇な方が自己破産をしたとしても、債務者は何も関係ないのです。 そして基本的にはこの辺が借りた当事者と周囲の人間との関係の不条理で不可解な有益な外せないポイントの点という事ができるでしょう。

債務者が自己破産した時の連帯保証人の責任の追及

連帯保証人となる事実は、借金をした人と同等の立場で大きな負債を将来にわたって負うこととなります。 自分の身内のためにやむを得ず承諾するケースはあると思いますが、他人の借入金となる場合は負債のデータはどうでしょう。 借主が自己破産の申請を裁判所にすれば、必念的に莫大な負債を負うことになるのです。

連帯保証人に自己破産の経験者は慣れるのでしょうか?

毎回の返済が不可能ならば、共に債務整理をするしか残された手段がありません。 血を分けた身内ならともかく、他所の借金融通の手助けになり、挙げ句の果てに怒涛の催促が自分のところへ来てしまったという恐るべき最悪なケースを招くことになります。 高額な借り入れをするような場合であるからこそ金融機関から連帯保証人を要求される訳ですから、債務者が自己破産をすれば、当然、双方共に影響を及ぼすような最悪な結果となります。 出来ることなら、いくら同居する身内と言えども連帯保証人にだけはなりたくないと思われるのが当然でしょう。

連帯保証人に返済の義務がないケースとは?

それでも補助やサポートをし助けてあげたい方は、可哀そうな債務者との信頼関係とよほど有利な交換条件がなければ絶対になりたくないと言えるでしょう。 このように昔から借用書という書式は、だれもが警戒する悪評高い制度だと言えるでしょう。

連帯保証人を頼まれた時の断り方

基本的には相手との過去の関係性にもよりますが、安易に連帯保証人になるメリットはないと考えて行動するようにしましょう。 借金の額の大きさに関わらず家族や親戚でも自己破産のリスクがあることを忘れてはいけません。 いくら相手に世話になった義理があったり過去に借りがあったとしても断るケースはいくらでもあるのです。 重要な事としてそのような相談を持ち込ませないような環境作りが日頃から大切です。 この人にはお願いする事はできない、確実に断られるであろうという意思表示を見せていきましょう。 またそのような気配を感じたら双方だけで会う事は極力避ける事も必要です。

借金の保証人になった時、自己都合で自己破産したらどうなる?

債務者が友達や親戚からのお願いの場合は一番効果的なのは20歳以上の世間一般的な方には幼稚に聞こえるかもしれません。 しかしこれは直接親と相談してみるという方法です。 ほとんどの場合人の親を説得してまではお願いできません。 これはまた相手との関係を壊したくないのであれば必要な嘘とも言えます。

連帯保証人には簡単になってはいけません

返済をしていくための能力や現時点での就いている職業などは関係ありませんので注意をしましょう。 これから先の日本の経済がどうなっていくかなどは専門家などにも予想は難しく誰にもわからない事ですし、ここでは大きな自然災害がまたいつどのタイミングでこれから先に日本で起こるかもわかりません。 そんな時に少しでもマイナスな要素のある自己破産の可能性、己の将来設計を揺るがす可能性があることを引き受けてしまう事は自分が融資を受けたことと何ら変わりはありません。 男性同士ではよくありがちなのですが義理や情けだけでは済まされない連帯保証人の状態になる可能性があることを忘れてはいけません。

自己破産後でもクレジットカードで借りれる


このページの先頭へ