ヘッダー

キャッシングできる借り入れの枠があるかどうか確認する方法

今、借り入れはしていますか?総額はいくらですか?確認しましょう

まずはクレジットカードの審査の前に私が持っている楽天カードを例に借入を説明していきます。

楽天e-NAVIにログインした後に、メニューの中で「ご利用可能額」というアンカーテキストがあるのでクリックします。

分割や一括やキャッシングの与信と現在利用している一覧表が出てきます。

上記の表の場合、カードのキャッシングが0になっていて、クレジットカードで借り入れやリボ払いは出来ない状態になってます。

最初に新規作成すると審査が通るとデフォルトでは、キャッシングはついてなく必要なかったのでそのままになってます。

ここに返済していなかったり、残念ながら枠がない時には、次の新規に設定の欄を参考にしてください。

余談ですが、もし使ってないのにキャッシング枠が20万円あって放置していると多少ですが、借り入れはデメリットがあります。

数年前に出来た総量規制という無担保の借金は年収の1/3までという法律に、この使用してない20万円の分がカウントされてしまってます。

コンビニでも簡単に使えて便利ですが、将来、低い金利の住宅のための借入できないことがないように、使う見通しがないようしたら、審査のためにクレジットカード会社に電話で0円に戻した方がリボ払いでの返済のことも考えると得策です。

万が一、紛失や盗難の時の為にも安全になりますし、ATMでのスキミングなどにも注意しましょう。

クレジットカード借入 返済方法

借入を新規で当日申請した場合のお金が引き出せるまでの時間

その日に借入したいなら午前中から行動しましょう

私が持っている楽天のクレジットカードで簡単に借入ができるのに、新規に設定した場合にどれぐらいで時間や金利が出来るのかを調べてみました。

Yahoo知恵袋のカテゴリーマスターの人が答えていたのですが、楽天の審査の時はムラがあり早ければ数分ですが遅いと1ヶ月のようです。

早いケースを考えると当日にキャッシング枠が許可を受け付与されて、楽天e-NAVIから指定口座に振込を依頼すると当日に入金可能になります。

特に、銀行も楽天であれば15時以降でも振込が可能なので運が良ければ「その日」にコンビニのATMでクレジットカードで借り入れができるということです。

しかし、厳密な審査の日数が想定以上掛かるといつになるのか不確かなので、返済できる見込みはあっても当てにはできないことになります。

申込者の質が悪いから時間が掛かる訳でなく、担当者の都合という噂で気まぐれのようです。

もう1つ言えるのは、セゾンカードを10年以上保持していて、知らない間に数十万円のキャッシング枠がありました。

ネットアンサーに電話を掛けて、クレジットカード会社の担当の人にどれくらいで審査が通るのかを聞いてみたところ、ばらつきがあり数日から1週間くらいとの返答でした。

借り入れで申し込んだ当日に付与されることは難しいようです。

新規でキャッシングを申込んだ場合に審査基準や必要書類

まず自分が借入できない可能性がないか調査しましょう

クレジットカードで借入を申込むのとプロミスでお願いするのとでは、審査基準や金利は基本的には一緒ですが返済できる能力があるかないかの判断基準はわかりません。

年収と既にある借金の額と過去のブラック情報の3つで合否が決まります。

申込者の属性別で例にして説明してみましょう。

① ブラック情報が過去7年以内にあるかた

過去7年以内に消費者金融や銀行で延滞か自己破産をした人は、JICCか全銀協にブラック情報としてデータが残ってます。

クレジットカード借り入れを新規で申し込むと、必ず初めにこのJICCに事故歴がないかどうかオンラインで自動チェックされます。

もしブラック情報が残っていれば、どんなに収入が多くてもリボでのキャッシング枠が付与されることはないでしょう。

② ①以外で借金の総額が年収の1/3を超える方

今回の申込により、年収の1/3を超える場合は総量規制に該当するので否決されるはずです。

いきなり却下の前に、必要書類として所得証明書の提出を促されます。

前述したJICCの情報で現在あなたがいくら借入があるかクレジットカードだけでなく銀行以外は全て分かってしまいます。

③ ②以外で借金が今回の申込分含めて100万円以上になるor今回の申込が50万円以上の方

このケースは、収入証明書を求められる金利でのキャッシングの審査基準になります。

アコム・プロミス・エポスカード、どれも審査基準は明記していて、金額はこのラインが線引きです。

この属性の際の合否は、年収>借入額 かどうかだけなので、それが本当かどうかを必要書類として提出してくれというクレジットカードの話です。

④ ③以外の人

上記までのどれにも該当しない場合は、必要書類も提出することもなく割と審査基準は甘いです。

普通の消費者金融の新規では在籍確認の電話がいきますが、このサイトではクレジットカードを持っている人の借入なので該当しません。

クレジットカードを作成した時に在籍確認を済ましているので、リボ払いやキャッシング枠を申込む時に不要になります。

クレジットカードの支払いの一時凌ぎにキャッシングが使えるか

既に枠があるならその場凌ぎには使えます

前述に書いたようにクレジットカードのキャッシング枠の審査が日数として不確定なので、いつどれくらいの金利で現金が手に出来るか分かりません。

一時凌ぎには使えなく、返済できない間に合わない可能性もありますので、これとは別の手段を考えた方が安全です。

どのクレジットカードでもキャッシングの枠を付けれるのか

基本的には普通のクレジットカードは限度枠があり借入が出来るようになってます。

理由は、そこで企業は儲けを出したいので付けない訳がありません。

ただ、デビットカードとよばれる銀行の残高と連動しているものやプリペイドはキャッシング枠というものは審査をしてもありません。

コンビニや丸井のCDやATMでの買物に使うエポスカードやヨドバシのゴールドポイントカード、ポンタカードやauウォレットカードでも借り入れは可能です。

どこでお金を引き出せる?クレジットカードのキャッシング

大抵の場合コンビニのATMでキャッシングができます

上記は楽天カードで審査を受けて借入する際に引出しができる場所の一覧です。

各種コンビニのATM、郵便局や銀行のキャッシュディスペンサーになります。

方法としてはクレジットカードを機械に挿入して操作をしていきますが、4桁の暗証番号の入力が必要になりますので注意してください。

また引出しできる金額は1万円単位になりますので、5000円とかは指定できません。

クレジットカード借入するのにこのシステムを利用すると手数料が掛かりますが、これは楽天の場合は一律で216円です。

引出ができる時間帯や金利はATMが動いている曜日時間全てですので、コンビニのセブンイレブンなら終日ということになります。

別のエポスカードの際は違いがあり上記のように、借入が一括返済かリボ払いかによって引き出せる場所が異なってきます。

エポスカードは一括返済の時はエポスのATMのみで、コンビニも銀行も使えなく不便です。恐らく一括だと丸井が儲からないからでしょう。

キャッシングリボのケースでは、手数料が掛からないのが楽天より親切かもしれません。

どのクレジットカードでもお金を引き出すのにATM以外にも、直接希望の口座に審査の後に振り込むこともできます。

定期的な引き落としできないのは、借り入れで残高が一時的に厳しいなどの時に使われる手です。

アコムやプロミスの借入とクレジットカードの枠の金利の違い

優先順位は今はどちらとも言えませんが一般的にはクレジットカードです

前述で少し触れましたが、後者での借入と消費者金融でのキャッシングは何が異なるかメリットとデメリットを説明していきます。

審査基準や方法や合否は一緒ですので、どちらが甘いということはありません。

メリットは、既にクレジットカードを保持しているので勤め先や自宅への在籍確認の電話が来ないのことです。

もう1つのメリットは、海外に旅行に行った時にコンビニでATMでお金を引き出せることです。

事前に設定の申込が必要になりますので、借り入れには注意してください。

デメリットとしては、審査の合否がいつ降りるかが把握できないで、不明だということです。

また、相場としてクレジットカードのキャッシング枠やリボの上限は低く100万円迄が大多数です。

アコムやプロミスだと200万円超える人も少なくはありません。

またクレジットカード借入の場合は、キャッシングとショッピングが合算で上限が設けられることもあり、買い物が自由に出来なくなる恐れもあります。

金利の比較においてもどちらも同程度で15~18%です。

キャッシングした際に返済方法は一括かリボか

リボが返済地獄の原因となることもあります

どのクレジットカード借入も返済方法は、一括かリボ払いの自由選択になります。

1回払いは基本的にはキャッシングした翌月末に登録した銀行口座から引き落とされる形になります。

期間は2ヶ月弱になり、その間に返済できる収入が見込めれば金利が少ない選択をできます。

具体的な計算だと10万円を30日18%でクレジットカードで借入すると、1430円の金利になります。

これをリボ払いにすると、どうなるかを計算してみましょう。

同様に10万円を10回払いで18%だと、8130円の金利にキャッシングでなります。

返済できないことがないようにしなくてはいけませんが、は毎月1万円強ずつの借り入れに対してになります。

またリボにするとどのクレジットカード会社もそうですが、月々の返済金額の下限が設けてあり1万円くらいが最低です。

ATMでの借入に対して月々5千円ずつ返済したいという方法は出来ないようです。

一括払いを最初に選択して途中で苦しくなった時に、キャッシングは後リボという仕組みがありネット上や電話で変更することが可能です。

逆に資金が用立てることが出来て、クレジットカードの金利を安く済ませたいので一括返済したい時には電話して自分から指定の口座にコンビニのATMでも振り込めば完済することもで可能です。

キャッシングの枠の平均と増額の審査について

はっきりいって審査についての基準は一般人にはわかりません

前述したように消費者金融に比べてクレジットカード借入は金額が50万円以下が相場になります。

理由としてはクレジットカードのキャッシングは業界の分類では信販系になり、お客様が返済できない場合のリスクを大きくは追わない傾向にあるためです。

金利というリスクを負わないということで、リボでの新規の申込だと20万円か10万円が大部分になると思います。

返済に延滞もなく実績を積むことで増額が通る事もありますが50万円を超える事は稀でしょう。

クレジットカードのショッピング枠は300万円と上限が高いのに借り入れは20万円しかない人も多いです。

増額は申請しても50が頭打ちなので、審査して新たに別にグレード高いカードを持つ方が賢明でしょう。

裏技的なものとしては、10万円のキャッシング枠の借入を目当てに次から次へと新規作成することも可能です。

現在のクレジットカード借入で課される金利

借りなければ金利は掛からない事を最優先しましょう

どこのクレジットカード会社も金利は上限の18%と最高数字ですので、返済できないことがないように、いくらになるか計算しましょう。

消費者金融でも最高は18%なので、合法で借入のなかでは1位ということになります。

エポスカードでは初めての方には30日無利息というキャンペーンがありますが、キャッシング枠を使うのは得策とは言えません。

それでも多くの人がコンビニにあるATMのように沢山ある消費者金融ではなくクレジットカード借入を選ぶのは、街金・サラ金といった怖いイメージを持っているからです。

キャッシング枠なら初めから審査時についていたし、あるなら利用してみようという軽い気持ちの人が多く金利も分かってないです。

10万円以下の借り入れで18%をリボでなら損害も少ないし、自動引き落としで手間もかからないし、他人にばれないし安心と思っているのでしょう。

クレジットカード借入は住宅ローンの審査に影響するのか

20~30代の結婚されている人で近い将来は持ち家にしたいと考えている場合に銀行の融資が気になります。

噂で良く言われるのが消費者金融やクレジットカードを使うとマイナス評価になり審査で落ちやすいというものです。

実はこれは嘘であって、本当は借り入れがあるのは問題ないが「返済を間違いなくしているか」「過剰に借り過ぎてないか」を見られます。

2年前にクレジットカード借入を10万円して毎月延滞なく完済しました。これは逆に住宅ローンの審査にプラス評価です。

問題なく返済した能力の証明になります。

住宅ローンの銀行の審査に実際に落ちた人は、過剰にキャッシングしていた、延滞があったという人達ですので話が違います。

社会的な地位として消費者金融よりも安全

頭では分かってますが、根本キャッシングはしないに越したことはない

勤め先の調査で、どれだけ借入があるか会社が審査の際に把握したい為に個人情報を出して欲しいということもクレジットカードの契約でなくても良くあります。

その際に借金でも、同じ20万円でも「プロミス」と「セゾンカード」では世間の印象が違うと思います。

プロミスとなると本当に金利でローンの返済できない状態や生活が苦しいのだろうなとATMでも周囲に思われてしまいますが、クレジットカードの審査に通ったらキャッシングはセゾンカードならリボでの買い物の支払いに充当させたのかなと一時的に見て貰えます。

20代の人や女性が、コンビニでも使える消費者金融は怖いというイメージは、勤め先や友人に落ちぶれたと思われるのを恐れています。

クレジットカード借入なら買い物なのだろうとあまり偏見を持たれることはないのでしょう。

新着記事

このページの先頭へ