ヘッダー

自己破産 家族

クレジットカードで借入する方法


(連帯)保証人でなければ自己破産で借金が家族に行く事はない

自己破産をしてしまうと借金取りが関係している親や兄弟や親戚にまで行ってしまうというイメージを映画やドラマ、娯楽漫画などの影響を受けて持ってしまっている方は少なくないのではないでしょうか。 万が一保証人に家族がなってしまっている時以外はそのような事はありませんので注意しましょう。 この場合は仮に配偶者が離婚をしていた場合でも返済をしなくてはいけなくなります。

家族が自己破産をしたら自分への影響は大きい?

基本的に、申し立てた本人以外に借金の返済をしなくてはいけない義務が譲渡したりして移る事はありません。 皆に迷惑を掛けないようにと離婚をするパターンも少なくはありませんが、それだからといって絶対にそうしなくてはいけないという法律があるわけではありません。 深い絆で結ばれている家族の生活があることで、辛い悲しい思いをしてもそこから立ち直る事も充分に可能です。 できるのであれば、殻に閉じこもり内緒にするのではなく話し合いをしていく事です。 将来の事をサポートしポジティブにプラスの作用として良い方向に進めていく事が最善でベストと言えるのではないでしょうか。 またこのような事はなるべく早い段階で解決に向けて動き出すことが重要です。 ここでは後回しにしてしまう事でいつのまにか取り返しのつかない状態を誘導し引き起こしてしまう事があるのです。 仮に何か怪しい、変だ、おかしいと感じたり少しでも仮に不安が見えた時点で勇気を出して自分から動く事で未然に災いを防げる事もあるのです。

結婚している場合の自己破産の連絡

まず結婚している場合に配偶者に内緒に全てを終わらせる事は不可能と言ってもいいでしょう。 自己破産の申し立てをした際に家族に裁判所から電話で直接連絡がいくという事はありません。 しかし、共有財産の分与や資産の不正運用の調査などもありますので事態を秘密にする事は非常に難しいと言えます。 一緒に住んでいない別居のケースなどは知られないで済んだというパターンもあるかもしれませんが、これは可能性としては極僅かであるという事ができます。

銀行などで家族も融資を受けれなくなる可能性は?

また自己破産をしなくてはいけない状況にまで人生を追い込まれてしまった堕落した人の共通点として相談できる知識のある相手がいなかったという事があります。 この状態になってしまうと、その後通常の生活を取り戻すのも難しくまた同じことを繰り返してしまう可能性もあります。 周囲の信頼できる身近な相手には相談する事が大切な事もあります。 責任がつきまとう保証人になっていない場合でしたらクレジットカードを新規に作成したりローンを新規に組んだりする事は家族も可能です。 チェックとして忘れてはいけないのは、迷惑にならないようにと女性と離婚をする所も多いですが、万が一そうなってしまってからでは、どうしても遅い場合がほとんどですので、協力して前進していくことが大切なのではないでしょうか。

自己破産は家族にも少なからず何かしらの影響はあります

仮に同居の家族が連帯保証人になっていないケースだったとしても持ち家が合った場合すぐに売却しなくてはいけないですし、乗用車も売却してお金にする事になります。 そういった面で経済的にダメージを与える事は当然ありますし、精神的にも負荷が少なからず掛かります。 子どもにも生活環境が変われば良くも悪くも変化をしなくてはいけない状況が出てくるのです。

まずは家族に相談する事が大切です

それでも、自己破産をする事によってポジティブになれたり借金に追われてどうしようもなくなって困り果てたまま何年もストレスを抱えて生きていくことから救われることも多くあります。 また途中で自ら命を絶ってしまう誤った選択をしてしまう方も、暗い自殺大国の日本では増加しています。 精神的にうつ病のように内緒にして1人で考え込んでしまって、己を悪者に追い込んでしまう前に、関係のある家族と相談したり話し合い自己破産をしなくてはいけない状況を乗り越えていけるよう助け合える事が最善の方法なのではないでしょうか。

家族に残す自己破産の精神的なダメージ

幼少期の出来事は記憶に残るとトラウマとして働く成人になってからもマイナスの悪い影響を与えることがあります。 それが思春期だったり状況を理解できるくらい成長している場合でも将来の人格に作用がないとは言い切れないのです。 自己破産をしなくてはいけない様な内緒の状態になってしまった時には家族の心のアフターケアもしていかなくてはいけません。 辛い思いをさせたくないと両親や親戚に子どもを預ける方もいますが、ここで離れ離れになってしまう事や一番辛い時に支えが居ないというのは大人でも悲しい事です。

家族でも保証人にはならない方が良い理由

小学校の高学年ぐらいから中高生、大学生の子供がいる場合は大抵では、借金を返済しきれなくなって自己破産をしなくてはいけない状況になった事をほとんど理解できます。 自分の家族が友人とは異なるという空気を、子どもならではに敏感に察知してしまうこともあります。 もちろん、それがご近所さんの間で広まってしまっていじめなどの原因となってしまうケースも少なくありません。 心の傷や受けたダメージは計り知れないものになります。 親がそのような苦しい状態になってしまっていたとしても子供には何の罪もありません。 繊細な年頃ですので自分の事だけでなく大切な人を守れる心の余裕を持てるようにならなければ、ここでは生活の改善も難しくやり直すことも困難になってしまうでしょう。

自己破産後でもクレジットカードで借りれる


このページの先頭へ